2020年10月

『鬼滅の刃』に宣伝してもらう!これが西野です~西野亮廣サロンの過去記事!

図解師★ウルフです!

僕も入会している西野亮廣さんのオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の過去記事を紹介しています。(音声でも紹介しています!)

🎃映画「えんとつ町のプペル」ハロウィン限定で再上映!

 

そして…ついにDVD発売決定!豪華特典付き、ご予約はお早めに!

西野亮廣エンタメ研究所の過去記事紹介!~2020年10月14日

(以下西野亮廣さんの記事の引用です)

おはようございます。
先に自分の銅像を作っちゃって、銅像に見合う自分になろうと思っているキングコング西野です。
#その方が成長スピードが速い気がする
さて。
今日は全てのサービス提供者さんに届けたい『そこは本当にレッドオーシャンなのか?』という話をした後に、僕なりの打ち手を紹介したいと思います。
━━━━━━━━━
▼ 競合を見誤るな
━━━━━━━━━
人は、競合が多い場所を「レッドオーシャン」と呼び、避けがちですが、「そもそも、それって競合じゃないよね」という場合が多々あります。
たとえば、19時からの「お笑いライブ」は、同時刻に「カラオケ」を選んでしまった人には届きません。
一方で、自分の共演者目当てでライブに足を運んでくれた人には、自分のパフォーマンスを届けることができます。
競合は「カテゴリー」ではなくて、「時間帯」で区切るべきで、舞台に立つ芸人の競合は「舞台に立つ芸人」ではなく、「同じ時間帯にパフォーマンスをしている全てのサービス」です。
「今夜はお笑いライブに行こうかな」
といった感じで、まずは「カテゴリー」で選んでもらわなくちゃ始まりません。
そして、もう1つ。
「レッドオーシャン」と思われがちですが、「同業他社が集まったことによって生まれるメリット」は確実にあって、東京の『月島』なんて、まさに。
「もんじゃ焼きを食べよう」と思った時に、店の名前よりも先に、もんじゃ焼き屋がひしめく『月島』という地名が頭に出てきます。
こうなると、「とりあえず月島に行ってから、歩いて店を選ぶ」という流れが生まれますし、「A店に向かう途中に見つけたB店に入る」という流れも生まれます。
もんじゃ焼き屋がひしめく月島はレッドオーシャンでも何でもなくて、むしろ、「もんじゃ焼き屋を出すなら、月島に出した方がいいよね」という話です。
こうして説明すると「そりゃそうだ」となるのですが、多くの人は、隣の店(同業)に人が押し寄せる景色を嫌います。
ここは気持ちの問題で、どうしても、トータルの勝利(盛り上がっているカテゴリーの中で4位)よりも、目先の勝利(盛り上がっていないカテゴリーの中で1位)を取りに行ってしまうようです。
ただ、そこは一旦「感情」を捨てて、冷静に「損得」で判断した方がいい。
「盛り上がっているカテゴリーの中で4位」の方が「盛り上がっていないカテゴリーの中で1位」よりも、お客さんが来るのであれば、前者を選ぶべきです。
これは、映画の公開時期でも同じことが言えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 映画『えんとつ町のプペル』は何故2020年12月25日公開なのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映画『えんとつ町のプペル』の公開時期は、コロナの影響もあり、「来年に延期する?」という話もあがりましたが、一ミリも迷うことなく
、当初の予定どおり「2020年12月25日」の公開を選びました。
白西野が語る理由は「大変なことは百も承知で、みんながコロナに負けそうになっている時期に、あえて公開して、みんなにエールをおくる」です。
もちろん、この想いに嘘はありません。
一方、僕の中にはソロバンをはじききる黒西野もいまして、黒西野が語る「公開日を2020年12月25日にした理由」は、白西野のそれとは大きく違ってきます。
もろもろリサーチをしたところ、映画に来るお客さんのほとんどは「半年以内に映画館に来たことがある人」でした。
当たり前っちゃあ当たり前ですが、普段から映画館に足繁く通っているお客さんが、新作映画を観に来てくれるわけですね。
となると、広告効果が一番高いのは「映画上映前に流れる予告」です。
予告を観て、「おお!なんか面白そう。来月は、この作品を観に行こう」となるわけですね。
まだまだ誰も知らない映画『えんとつ町のプペル』をヒットさせようと思ったら、狙うは「上映前に流れる予告」で、ここで一人でも多くの方に「プペルの予告」を観てもらった方がいい。
んでもって、映画『えんとつ町のプペル』の公開を「12月25日」にすると、映画館で本予告(1分30秒の本気CM)が流れ始めるのが「10月16日」。
10月16日は『鬼滅の刃』の初日で、コロナでズタズタにやられた映画会社が、この『鬼滅の刃』に広告費をブチ込めるだけブチ込んで、形勢逆転を図ることは見えています。
『鬼滅の刃』に足を運ぶ人が増えれば、それだけ『えんとつ町のプペル』が宣伝されるわけで、2020年の作品を見渡した時に、一番宣伝してくれる映画はどう考えたって『鬼滅の刃』なので、公開日を「12月25日」に決めました。
ちなみに、『えんとつ町のプペル』と同日公開は『ポケモン』です。
これは、レッドオーシャンなどではなく『月島モード』で、こんなチャンスは他にありません。
感情を捨てて、損得勘定で公開日を決めると、「10月16日に予告編が流れ始める映画」を狙う以外ありえない。
……というのが黒西野の見解です。
もしかすると、サロンメンバーの皆さんが提供しているサービスも、「レッドオーシャンだと思って避けていたけど、実は月島モード」というケースがあるかもしれないので、一旦、感情を捨てて、振り返ってみてください。
『鬼滅の刃』は全力で応援&シェアします。
ヒットすればするほど、『えんとつ町のプペル』の宣伝になるのだから。
現場からは以上でーす。
▼西野亮廣の最新のエンタメビジネスに関する記事(1記事=2000~3000文字)が毎朝読めるのはオンラインサロン(ほぼメルマガ)はコチラ↓
https://salon.jp/nishino

 

西野亮廣さんの記事を音声で聴こう!

上の西野亮廣さんの記事を音声コンテンツにしました。

これで、”ながら時間”に聴くこともできます!ぜひご利用ください。

このコンテンツを通じて「西野亮廣エンタメ研究所」に興味を持っていただければ幸いです!

 

過去記事再生リストはコチラ👇通勤・通学・家事のおともにどうぞ!

 

「西野亮廣エンタメ研究所」とは

「西野亮廣エンタメ研究所」月額1000円のオンラインサロンで、西野亮廣さんが自身の活動の情報を毎日2000~3000文字の記事にして投稿しています。
※この記事は1年経過した西野亮廣さんの投稿記事をそのまま引用したものです。

いまや出来上がった作品ではなく、その過程のメイキングが「最高のエンタメ」です!

この過去の記事を読んで、「面白そう!」と思った方は下記URLから入会ください。
(いつでも退会可能です)

「西野亮廣エンタメ研究所」の入会はコチラ
https://salon.otogimachi.jp/

他にも西野亮廣さんの情報をまとめていますので参考にしてみてください!

西野亮廣さんの作品紹介

絵本

ビジネス書・エッセイ

その他

西野亮廣さん情報まとめ

西野亮廣さんの情報をまとめましたので参考にしてください!

「西野亮廣エンタメ研究所」の入会はコチラ
https://salon.otogimachi.jp/

毎日10分更新!西野さんの音声コンテンツ「Voicy」はコチラ
https://www.voicy.jp/channel/941

西野さんの音声コンテンツをYoutubeで聞きたい方はコチラ
https://www.youtube.com/channel/UCOy5sLcFLqYNqZ1iurp4dCg

西野さんの絵本『えんとつ町のプペル』全ページ公開はコチラ
https://poupelle.com/book.php

■読み聞かせ『チックタック〜約束の時計台~』(朗読:戸田恵子)

 

サロンメンバーの図解師★ウルフがまとめた西野亮廣さん情報はコチラ
-西野さんのVoicyまとめ動画

映画『えんとつ町のプペル』を100倍楽しく観る方法!情報まとめあなたは「えんとつ町のプペル」という絵本をご存知ですか?たった4年で発行50万部を突破!全世界40箇所以上で展示会が開かれているすごい絵本です。そして今回2020年12月の映画公開に先だってこの映画を100倍楽しめる情報を、事前に皆様に公開します。(※ネタバレもあるのでご注意を!)...
【図解deまとめ!】『革命のファンファーレ』西野亮廣さん著オススメの本、西野亮廣さんの『革命のファンファーレ』を完全図解化!図解にすることで、だれでも3分で『革命のファンファーレ』を理解できます。百聞は一見にしかず!「内容を復習したい」「読んだけど少し難しかった」「改めて深掘りしたい」という方に最適!文章だけの説明や書評より、わかりやすいこと間違いなし。視覚と文章が融合された図解のすばらしさを今すぐ体感してみてください!...